20代の女性の保険加入のタイミングと保険のビュッフェへの相談

妊娠や出産がきっかけとなる

ある生命保険会社の調査によれば、20代の女性の保険加入率は52.1%で、そのうち独身女性の加入率は46.1%となっています。独身女性の場合、扶養家族はいないことが多く、高額の死亡保障は必要ではありません。

しかし妊娠すると保険に加入しにくくなるため、結婚が保険加入のタイミングとなるケースが多いと考えられます。また帝王切開で出産すると手術歴として残り、その後5年間は保険に加入できない場合があります。このことからも妊娠や出産をする前に、保険のビュッフェで相談をする方が少なくありません。

 

急増する病気のリスクに備える

20代の女性で重要になるのは医療保険です。近年では生活習慣の変化などにより、若いうちから乳がんを発症する方が多く、30代に入るとリスクが急増しています。病気になってからでは保険に加入できないため、20代のうちに加入してリスクに備えておくのが安心です。

また少し気が早いと思うかもしれませんが、老後のために終身保険に加入しておくという手もあります。20代で契約すれば保険料も比較的安いのでお得です。ライフステージが変わって保険の見直しが必要になったら、その都度保険のビュッフェで相談すると良いでしょう。